スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県の主力級種牛5頭、新畜舎に引っ越し(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、県が主力級の種牛5頭を感染から守るため、同県西都市に建設していた畜舎2棟が25日夜に完成し、5頭が近くの仮設畜舎から引っ越した。

 県畜産課によると、2棟の間には約500メートルの距離があり、3頭と2頭に分かれて飼育。これまでは幅2メートルの牛房で横一列に並んで飼育されていたが、新畜舎の牛房は4メートル四方と広くなった。鉄柵で囲い、牛房同士は5メートルの間隔を空けて置かれている。畜舎の周囲はイノシシなどの野生生物が侵入しないよう金網で囲いが施されている。

<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
1位は「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」(読売新聞)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
スポンサーサイト

<娘3人死亡>点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定(毎日新聞)

 入院していた幼い娘3人の点滴に水を混入し死傷させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた岐阜県関市の主婦、高木香織被告(37)に対する裁判員裁判で、京都地裁は20日、懲役10年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。増田耕児裁判長は「子供の痛みや苦しみを全く理解していない身勝手かつ自己中心的な犯行で、傷害致死や傷害の中でも悪質。反省も十分でない」と指摘した。

 判決によると、高木被告は06年3~5月、入院中の四女(死亡時8カ月)の点滴に何度も水道水を混入して呼吸・循環障害で死亡させ、同様の方法で三女と五女を重篤な状態に陥らせた。

 起訴前の精神鑑定は、高木被告を周囲の気を引くため子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群と診断。被告が初公判で起訴内容をほぼ認めたため、量刑を判断する上で、同症候群をどう評価するかが争点となった。

 「児童虐待とは異なる」と寛大な刑を望んだ弁護側に対し、検察側は「同じような動機で病人を仕立てる人をそう呼ぶだけ。刑を軽くする理由にならない」と主張した。判決は「代理ミュンヒハウゼン症候群の影響で善悪の判断が低下していた」と認めた。

 一方で判決は、四女の点滴への混入時期については死亡直前までとする検察の主張を採用、「重篤になってからも入れ続けるなど危険な行為で常軌を逸している」と非難した。

 高木被告は終始無表情で判決を聞き、最後に増田裁判長から「子供の供養に努め、家族のもとへ戻って」と説諭されても表情は変わらなかった。堀和幸・主任弁護人によると、「家族と相談して控訴するか決める」と話しているという。【古屋敷尚子、熊谷豪】

 ◇医学争点に裁判員「評議重ねて理解」

 9日間という過去最長級の裁判員裁判を終え、裁判員2人と補充裁判員2人が記者会見した。このうち勤めのある3人は「上司の理解があり、大きな支障はなかった」と語った。医学関連の難解な主張が目立ったが、補充裁判員の男性が「評議をするうち理解できるようになった」と話すなど、検察官の立証や評議の際の裁判官の説明の分かりやすさを評価する声も多かった。

 京都地検の長谷透公判部長は「専門用語の説明を繰り返すなど工夫し、理解してもらえたと思う。量刑もおおむね妥当だ」と話し、控訴しない方針。

 一方、池田良太弁護人は「起訴前に検察側がする一方的な鑑定でなく(弁護側の意見も反映される)ニュートラルな鑑定が必要では」と問題提起した。

【関連ニュース】
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決
裁判:娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁
点滴事件:母親「特別視が心地よかった」 被告人質問
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?

「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)
長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)
神戸まつり最終日 せんとくんも登場、市民ら熱気(産経新聞)
民主・三宅氏、松葉杖で本会議に登場し、また転倒(産経新聞)
<雑記帳>初の女子高ボクシング部 でも「殴り合いはイヤ」(毎日新聞)

シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)

 上越教育大(新潟県上越市)の天野和孝教授は11日、ムール貝の仲間、シンカイヒバリガイの新種の化石を発見したと発表した。約3千万年前のものと推定され同種の化石としては日本最古、世界でも2番目に古いという。

 シンカイヒバリガイは、エラに共生させたバクテリアから栄養をもらって生きており、海岸近くの浅瀬に生息するヒバリガイと形状などが似ている。ヒバリガイが木に付着したまま深海に沈み、環境に適応したとする説が有力とされている。

 化石は昨年8月、北海道浦幌町の河川のがけの地層から94個が発見され、大きいもので4・5センチある。

 天野教授によると、これまで見つかったシンカイヒバリガイの種に比べて小さく、膨らみが弱いといった特徴から新種と判明した。化石には、情報提供者で地元の化石研究家の井上清和さんにちなみ「バシモディオルス・イノウエイ」という学名がつけられた。

 天野教授は「どのように深海に適応したのか、進化の過程を検証するのに重要な資料だ。温暖化などの気候変動で生物にどんな影響が出るかの研究にも役立つ」と期待を寄せている。

揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
中小企業の健保負担 大企業“肩代わり” 改正法成立(産経新聞)
近世・近代日本画家を発掘、村越英明氏が死去  (産経新聞)
高速事故で3人死亡=路肩の車にトラック衝突-山梨・中央道(時事通信)
訃報 北林谷栄さん98歳=「日本一のおばあちゃん役者」(毎日新聞)
プロフィール

ちからいしよしひろさん

Author:ちからいしよしひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。